ブリザードフラワーの短所

全てのものには長所と短所が必ずあります。なので、このプリザーブドフラワーにも長所・短所があると思います。これから、プリザーブドフラワーの短所について説明していきます。まず、一つ目としては、花に加工を施しているということがあるので、販売価格が通常の花よりも少し高めになっているということがあります。値段が高いと滅多に買うことができないので、イベントなどがあるときくらいしか利用することができないと思います。次に生花よりも破損がしやすく、湿気に弱いということです。乾燥させているので少し破損がしやすくなっているので、落としてしまったりするとすぐに破損してしまう恐れがあります。そして湿気に弱いので雨が降った場合などの天気は気を付けるべきだと思います。次に、強い紫外線が当たると退色を起こしてしまうということです。夏に誰かの家にプリザーブドフラワーをもっていくことなどのことがあればそれは十分気を付けて持っていくようにしてください。最後に布などに長期間接していると花の染料が色移りしてしまうことです。だから、長期間の布への接触は気を付けた方がいいと思います。それだけではなく、色の濃い花と、色の薄い花が長期間接していると色の薄い花に濃い花の染料が色移りしてしまうこともあるので気を付けなければならないと思います。このように、長所もいっぱいあることもあるのですが、その分の短所もいっぱいあります。これから短所が減らすことができればいいと思います。