プリザーブドフラワーの種類

プリザーブドフラワーというのは、多くの色があるのですが、主にバラとグリーンが中心的な色になっています。ですが、生花にはないさまざまな色合いがあるので、人それぞれで個性的なアレンジを施された花を楽しむのもプリザーブドフラワーの大きな魅力の一つです。これからプリザーブドフラワーに使用されている一部の紹介をしていきます。まず、初めにバラです。バラはプリザーブドフラワーの中では王様と言われるほど人気のある花です。花の大きさや色、花びらの巻き方などが全然違うものが多いです。しかも、生花と違い自然界には存在のしないブラックやブルーなどといった色もあるのでとても楽しめます。次にカーネーションです。カーネーションは色合いが豊富です。花びらは細かい感じになっていて、ベースのように使われることが多い花です。この花は母の日の時のアレンジに人気の花になっています。次にアジサイです。アジサイは色も多く、花びらの形も様々な形が多く人気です。アジサイを使うことでふんわりとした感じの雰囲気になってボリューム感が出ます。アジサイは優しいイメージのアレンジにはもってこいの花です。最後に、ライスフラワーです。名前の通り米粒状の細かな花になっているのでシンプルなアレンジにしたい場合や、ナチュラルなイメージを出すためにはぴったりの花になっています。ほかにもいろいろと花の種類はあります。このように、さまざまな組み合わせで、色々なプリザーブドフラワーを作ることができます。