プリザーブドフラワーと結婚式

昔から今まで続いてきたことで、結婚式とプリザーブドフラワーの関係は今じゃ切っても切れない関係であると思います。

最近はイベントや結婚式等でよく使われるようになったプリザーブドフラワーは、普通の生花と違い、特殊の液につけることで長持ちかつ綺麗な色で保てるためだからです。綺麗な色で結婚式をより華やかにし、水を与える必要がないので、長時間いけることや、また生きた植物と比べても劣化しないこと、また軽いので持ち運びが便利なことからイベント向き主に結婚式に使われることが多いみたいです。そして、人工的な着色とは違う自然な風合いを維持していることから「魔法の花」とも呼ばれるほどです。

結婚式では受付に置かれていたり、ウェルカムボードやブーケとして、また最近では花嫁さんの衣装として花冠として使用されることが多いです。ほかには結婚のお祝い、出産祝い、また結婚記念日の両親に対して贈られることもあります。ご結婚祝いでのお届けは、正式には大安や先勝などの吉日とされていることが多いです。時期としては、挙式が行われる2か月前から1週間前までの間に贈られてくるのが一般的だそうです。初めてプリザーブドフラワーを贈られてきた人は大抵の人が驚いているそうです。なぜなら、ドライフラワーに近い存在なのにも関わらず、感触が生花のようにやわらかく、見た目も生花のような感じになっているので初めて見た方は生花と間違えるくらいだそうです。