プリザーブドフラワーとは

プリザードフラワーとは、花や葉っぱなどを特殊な液に沈めて、水分を抜いた素材のことをプリザーブドフラワーと言います。もとは外国で使われていたのか不明なのですが、natural preserved flowers and foliageという言葉から、日本の方でプリザーブドフラワーと呼ばれるようになりこの言葉が一般的になったようです。僕はプリザーブドフラワーと聞いて、最初はそれを読み間違えて、ブリザードフラワーと言っていました。なぜかプリザーブドという言葉が言いにくく何度も間違えていました。この間違いは昔にもよくあったみたいで、日本人はプリザーブドという言葉が言いにくかったみたいです。なので、一時期ブリザードフラワーと間違えて名前が広まっていたそうです。これを聞いたとき、「やっぱり昔でもこの間違いはしていたのだな」と思いました。名前を一瞬見るとブリザードに見えるから仕方ないとは思います。プリザーブドフラワーは、海外では先ほども出てきた、preserved flowersや、flower preservation、floral preservationなどの言葉で呼ばれています。「プリザーブド」の意味は「保存された」という意味になっています。なのでブリザードフラワーなどとは間違えないようにしてください。このプリザーブドフラワーというのはドライフラワーと似ているのですが、ドライフラワーとは異なっていて、鮮やかな色彩や柔らかい感触などが長時間保つことができます。なので、プリザーブドフラワーは最初に花を買った時のように美しい状態で長時間保つことができるので観賞して楽しむこともできるし、その花を家の周りに飾っておしゃれに飾ることもできます。このプリザーブドフラワーというのは、何に対しても使われていることが多いので、とても便利なものだと思います。どのようなところで使われているかというと、結婚式のブーケやクリスマスの時に使われているクリスマス・リースにも使われています。このように名前は調べるまで分からなかったが、自分たちの身近な場所に使われていて、さまざまなものに有効活用されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>